スポーツ障害

昨日は里ほっと
行ってきました。
なじみの顔も多く話をしながら楽しい撮影ができました。

当院にはスポーツをやっていて故障した患者さんも多く来院されます。
プロであれば専属のトレーナーや鍼灸師がついて試合後のメンテナンスや故障時の治療を行うのは普通ですがアマチュアはほとんど身体のメンテナンスをしないでスポーツをしていることが多いと感じます。
不適切な練習や過度の練習などで使いすぎて故障することはもちろん、通常の試合や練習などでも身体はダメージを受けます。
そのまま何もせずに次の試合や練習に入るとそのダメージは蓄積されやがて故障となって苦しむことになります。
そんなことにならないためにも時々は身体をメンテナンスしましょう。
これはスポーツに限ったことではなく以前いらした方の中にはソプラノ歌手の方もいました。
本番前に頸肩の周りを中心に筋肉をほぐしてあげると高い音を出しやすくなるということで来院されていました。
身体の状態が万全でないとパフォーマンスが発揮できません。
そのお手伝いを鍼治療でできますので故障する前に「疲労が抜けない」「張りがある」「重苦しさがある」と感じたら痛みが出る前に治療を開始しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。