鍼の効果

小さな花
名前はわかりません。

鍼治療はWHO(世界保健機関)からもいろいろな症状に効果があると認められ世界中で認められている治療法です。
西洋医学だけでは対処できない様々な疾患に東洋医学である鍼治療を行い治療に役立てることはいろいろなところで行われています。
最終的に病気の原因を除去するという目的は西洋医学と同じですがアプローチには違いがあります。
西洋医学では直接原因を取り除く治療が主ですが東洋医学では身体のバランスを整えることによって自然治癒力を高め自らの力で病気を治すという考えに立っています。
特に西洋医学では原因が特定できないため治療が難しい不定愁訴などは鍼治療が効果的と考えます。
鍼治療はツボを使って病気のため滞った「気」や「血」の流れを促進し健康な状態へ導きます。
また鍼は肩こりや腰痛の治療にもよく用いられますが鍼を刺すことによって血管を拡張させ血行をよくすることにより固くなった筋肉がほぐされ症状がよくなります。
また鍼治療は白血球を増やす効果があるため身体の免疫機能が活性化され健康で病気に強い身体作りができると考えられています。
鍼自体は髪の毛ほどの太さであるため刺すときにほとんど痛みを感じることはなく治療を受けられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。