写真展

写真は東京国際フォーラム

昨日は写真展を見に東京、銀座へ
東京駅で降りて富士イメージングプラザで二つの写真展を見てきました。
村越将浩写真展「佃 祭人」
祭りの臨場感が伝わってくる迫力のある写真でした。
古市智之 XF23mmF1.4 R LM WR写真展「移り季」
優しいふんわりとした和む写真で癒やされました。
次に行ったのは富士フォトギャラリー銀座
全日本写真連盟 東京B&W支部 第3回写真展
私も白黒写真を撮りますが新しい気づきを与えてくれる素晴らしい写真でした。
伊藤光治写真展 「刻」Toki~古希の祝い~
長年撮りためたであろう気持ちのこもった写真が私を引きつけました。
フォトクラブ彩 写真展「彩りの世界17」
写真は色、そんな楽しさを感じさせてくれました。
三つの写真展を見て楽しめました。
そしてそこからさらにソニーイメージングギャラリーへ
北島清隆写真展 Ishigaki Is.を鑑賞
写真を見せる方法が素敵で明るい南国の雰囲気が伝わってきました。
ソニーストアでは元プロ野球選手の斎藤佑樹さんの写真展もやっていて枚数は少ないものの写真には気負いがない優しさが表れていました。
写真展は自分の写真を見直すいい機会になり新たな発見があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。