トップガン

昨日はトップガンを見てきた。

前作から大分経っているがトムクルーズは相変わらず。
戦闘機乗りのギリギリの操縦がいかに厳しいものであるかということを感じさせてくれる。
私も軽飛行機を操縦したことがあるが急旋回するとGがかかるのが実感できるが1.2G程度。
エアレースでは12GというとてつもないGが掛かるがコンマ何秒位で長い時間ではない。
戦闘機ではふつう6~8G程度らしいがそれを何秒もかかり続けるというのは尋常じゃない。
子供の頃遊園地にローターという乗り物があり乗ったことがある。
巨大な円筒形の壁に張り付きそれが回り出す。
すると床が下がるが脱水機に張り付いた洗濯物のように遠心力で人間は壁に張り付いたまま落ちない。
その時のGがどのくらいの物かはわからないがけっこうなGが掛かっていたように思う。
乗っている気は大丈夫であったが降りた後気持ち悪くなったのを覚えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。