不定愁訴

新しい葉が出てきました。

不定愁訴
不定って言うくらいだから定まっていないでいろいろな症状が出てくる。
その症状は倦怠感、頭痛、不眠、のぼせ、冷えなど様々。
なんとなく体調が悪いなどはっきりした症状を言えないものまでいろいろです。
病院でいろいろな症状を訴えたけれど検査で正常と言われる。
でも辛い症状はなくならない。
こんな経験はありませんか。
原因がないのに不快な症状がある。
そんな不定愁訴はストレスや生活習慣、ホルモンバランスの乱れなどから自律神経の乱れた時あらわれると言われています。
そんな症状にも鍼は有効です。
鍼灸治療では症状を含む全体を見て治療に当たり自律神経を整えることによって不快な症状をなくしていきます。
また鍼治療は自然治癒力を高め崩れてしまった身体のバランスを調整します。
心身の健康を保つためには鍼灸は最適です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。