響き

日を浴びて輝く花

鍼の響き
鍼を刺したとき特有の普段感じることのない感覚があります。
”ズーン”としたり時には”ピリッ”としたり”けだるい感じ”がジワッと広がったり感覚は場所や人によって様々です。
これを鍼の響きと言います。
皮膚を通るとき痛覚を刺激して発生する痛みと違いこの響きは深部で起こる感覚です。
鍼が初めての方やなれてない方はこの感覚を痛みと表現する場合も多いですが鍼治療になれた方だと響きの感覚が心地よく感じる場合も多いです。
初めて響きを経験したときには日常では経験することのない感覚に驚いて痛みと表現する場合も多いようです。
この響きは鍼の刺激に対して身体が反応している証拠ですので全く心配はありません。
響きはその時の体調や鍼を刺す深さや鍼の太さなど様々な要因よって違いますので響いたから効いた響かなかったから効かないということではありません。
また初めて鍼を体験する方は皮膚を通るとき注射針のようなチクッとした痛みがないことに驚かれる方が多いです
鍼は注射針と違った鍼先をしているため皮膚を通るときの痛みはほとんどありません。
特に美容鍼は髪の毛より細い鍼を使用しているため気持ちよく施術を受けていただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。