ケガ

丸の内仲通り
ここに富士イメージングプラザがあるのでよく通ります。
有名ブランドの店が並んでいて通るだけで楽しくなる通りですね。

ケガが治るということ
ケガは治る。
そんな風に思っていますよね。
確かに子供の頃は膝をすりむいても捻挫をしてもそんな大きなケガでなければ元通りに治ります。
でもそれは治るという体の機能に加えて成長という機能が加わったため元通りになるということで成長の止まった大人になると元通りというわけにはいかなくなります。
ケガが治るとき傷ついた組織は元の組織に戻るのではなく傷ついた組織を治すための組織で傷を塞ぎます。
厳密には元には戻らないんですね。
膝をすりむいた時を見ても大人になってからは傷跡が残ることが多いと思います。
捻挫などの体の中の傷でも同じように瘢痕が残ります。
私たちの体はうまくできています。
自分自身で体にできた傷を治し機能的に元に戻そうとする働きがあります。
これによりたとえ傷だらけになっても生活には支障が無く過ごせるのですね。
モトクロスの元チャンピオンの体を診たことがありますが傷だらけ。
手術の後も大きく残っていました。
そんな状態でも体は使えますし機能を果たしています。
骨折・脱臼・打撲・捻挫は治ります。
ただ早く治療を開始しなければ治せなくなる場合もあります。
何事も早めも治療を心がけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。