赤い

デジカメでは赤い色が割と苦手だと感じている。
赤色が色飽和している写真も時々見るころがある。
この写真はニコンで撮ったのだが赤い色が綺麗に出ていて質感も花びらの柔らかさが出ている。

医療の世界でももちろんデジタル化していて映像データも昔みたいにフィルムじゃなくDVDでくれる。
シャーカステンもほとんど使うことはなくなり映像データはディスプレイで見るようになった。
十数年前まではその映像もアナログだったが今はデジタル化して映像処理も発達し大変見やすくなった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です