治し方

骨折の治し方
骨折の治し方にもいろいろある。
手術で骨に金属を当てて固定する、整復をして外部から固定しズレないようにして骨が付くのを待つ、場合によってはズレないように持続的に牽引をして固定する等がある。
そして接骨院では整復をして外部から固定をするという方法を専門としている。
この方法は皮膚に傷痕をつけないという一番の利点があるが、骨が付くまで時間がかかる、固定している間不自由であるという難点もある。
でも昔は手術などという方法はなかったから皆この方法だったんだよね。
それでも骨はちゃんとくっ付くから人間の身体は良くできていると思います。
昔は接骨院を「ほねつぎ」と言っていた。
60歳代以上なら分かると思う。
伝統的な医療として「ほねつぎ」はこれからも続いていって欲しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です