冬の日差し

今年もどうやったら早く症状を改善できるか。
患者さんのためには何をするべきかを追求していきたいと思います。
冬の日差しは弱いですがそれでも日向にいると暖まってきます。
少しずつでも前進すれば人々を温めることができる。
そう考え正月休みののんびりした気持ちから日常に戻って気を引き締めていきたいと思います。
今年もよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です